Z会でマイペースに中学受験(2022、2024)

Z会をベースに、ママ塾・個別指導などでマイペースに中学受験を目指す親子の記録です

学校再開と休校期間の振り返り

学校が再開しました。昨日は久しぶりに静かな朝でした。といっても、しばらくは、保育園の慣らし保育以下の日数&時間なので、まだまだ平常運転には程遠い感じです。

 

そんな今、基本的には、やっと終わったー(まだだけど)という開放感と、日常に戻りつつあるほっとした気持ち。そして、不安も少し、寂しさも少し。

 

タイミング悪く、北九州市の小学校でクラスターが発生したことがニュースになっていましたね。感染した小学生は無症状ということで、やっぱり小学生では症状が出ないことが多いのだなと安心する反面、クラスター発生するじゃんという気持ちも。

クラスターのリスクはほとんどないって言ってませんでしたっけ?)

(昨日のニュースでは、クラスタとは断定できないと書いてありました)

 

この無症状の子供達から家族などの濃厚接触者にどの程度感染するかがポイントなのかなと思います。

 

どちらにしても、数ヶ月というスパンでコロナ禍が収束するわけではないですし、共存して経済を動かしながら被害を最小限に抑えていくことが必要なのだと思います。と、頭ではわかっていても、やっぱり怖いです。(自分がかかってしまうことより、誰かにうつすことが)

 

 

話は変わり、この休校期間の振り返りをしたいと思います。

まずは、長男。Z会はほぼ予定通り終わりました。ただ、3月は+α(復習や苦手分野の補強など)などに当てる時間も取れたのですが、段々ゆるんできてしまい、5月は+αに当てる時間はほとんどないまま終わってしまいました。

でも、これで良いと思っています。4月以降は学校からの課題の量も多かったので、大変だったと思います。本当によく頑張りました。

 

次に次男。学校の課題にかかる時間は長男の半分以下ということで、たっぷり時間がありました。そんな次男が没頭したのは、1000ピースのパズルとプログラミング。DeNAのプログラミングゼミというアプリでシューティングゲームを改造して楽しんだようです。現在進行形で日々改善中。

 

 

 

これから1ヶ月かけて徐々に生活を戻していく必要があるので、今月はうまく行かないことも多いだろうな。体調とメンタル面に気をつけながら生活したいと思います。