Z会でマイペースに中学受験(2022、2024)

Z会をベースに、ママ塾・個別指導などでマイペースに中学受験を目指す親子の記録です。「いつも笑顔で」をモットーに頑張ります。

答えを写していました・・・。

これまで何度か算数で答えを写してできたことにしている事件が発覚しています。

まぁ、ありますよね。まだ小学生。11才ですから。

長男の場合は、とにかく面倒な時(疲れているとき、勉強の後にやりたいことがあるときなどに答えをみてしまう傾向があります) 

 

「×をつけたら、解き直しの量が増えちゃう。もう疲れたし、ちょっと見ちゃおうかな・・・。」

 

特に、Z会の練習問題は、こういう気持ちになったときに誘惑に負けやすいと思います。

 

アプリで先生の説明を聞いて、「すすむ」を押すと練習問題。表示されている問題の番号を押せば簡単に答えが見れてしまいます。

紙のテキストであれば、別冊の解答から問題を探して・・・と、ちょっと手間がかかるので、歯止めになるような気もします。

Z会は「ポチ」だけですからね・・・。

 

本人曰く、最近は、考えるのが面倒になってしまったり、全然わからないときに、答えを写してできたことにしてしまってるとのこと。

毎日の勉強量も以前に比べて増えてきているので、だんだん疲れができたのかな。

そりゃ、添削や到達度テストもできないワケですよ。

 

これまで1問ごとに丸つけをしていたのですが、練習問題は全部やってから丸つけをすることにします。その間iPadは閉じておく。これだけだとちょっと心配なので、当面は、練習問題の間はiPadを預かることにしました。

 

久しぶりにガックリきています。。。。

 

得意なハズの算数で伸び悩んでいる原因がわかってよかったということにしよう。。