Z会でマイペースに中学受験(2022、2024)

Z会をベースにママ塾・個別指導などでマイペースに中学受験を目指す親子の記録です。長男は小6夏から中堅塾へ。

最難関コースから難関コースへ

仕事が猛烈に忙しくてブログを書く時間がなかなか取れません(汗)でも小さな山は超えたような気がしています。

 

次男はというと、相変わらずコツコツ勉強を続けています!

 

と、書きたかったのですが、、、実は絶不調。

当然ですが、受験が終わった長男は毎日のように友達と公園に遊びにいき、帰ってきてからはゲーム三昧。それにつられて次男もゲーム三昧。

私の仕事が忙しく、あまり見てあげる時間がないこともあり・・・、なかなか計画通りに進まない日々が続いています。ちなみに、うまくいかないと大荒れなので大変手を焼いております・・・(涙)

f:id:happy-it:20220319061819p:plain

 

でも、そんな中でも、1週間の中ではなんとか着地させるところが次男のすごさ。なかなか根性あるなと思います。(今週は久しぶりに本当に終わらないかもしれないなと思っていますが、幸い月曜日は祝日ですからね)

 

さて、タイトルの通りですが、Z会の中学受験コースを最難関レベルから難関レベルに移動します。

 

5年生の最難関レベルと難関レベルの違いは月例テストのみ。

テキストには最難関レベルのものも含まれます。

 

これまで最難関レベルで月例テストを2回(月例って名前ですが、月に2回あります)受けましたが、特に問題になるような成績ではありません。平均点は超えていますし、算数は80点くらい取れているので、むしろよくできていると思うのですが、本人が難関レベルに変更したいとのこと。私も難関レベルで十分だと思っているので、特に反対もしませんでした。

これまで通り、テキストは最難関の問題にも取り組んでいこうと思っています。

 

ちなみに、4年生終わりの添削提出者は1300人。これに対して5年生2月の月例テスト(最難関)は700人ほどでした。難関はどのくらいいるのかなー?というところも少し気になっています。

 

関連記事

happy-chuju.hatenadiary.com

happy-chuju.hatenadiary.com

happy-chuju.hatenadiary.com

プライバシーポリシー・免責事項  |  お問い合わせ